特撮ヒーロー

(仮面ライダージオウ)動画33話daily/pandora/4月28日無料視聴・見逃し配信(再放送)

(仮面ライダージオウ)/33話/動画/無料視聴 !4月28日見逃し配信

 

人気特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系・日曜午前9時~)に、「仮面ライダー響鬼」で桐矢京介を演じた中村優一と仮面ライダー轟鬼/トドロキを演じた川口真五が出演することが明らかになりました

 

2019年4月28日9時からテレビ朝日で『仮面ライダージオウ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ第33話の動画無料見逃し配信でみれるサイト
 

 

仮面ライダージオウ33話4月28日番組内容

 

EP33『2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!』…ソウゴの小学校時代、ヒビキという鬼を師匠にする同級生がいた。鬼のヒビキ…仮面ライダー響鬼か?ライドウォッチの手がかりをつかむため、ソウゴとゲイツはその同級生を訪ねることに。そんなソウゴらにアナザー響鬼が襲いかかった。驚くソウゴらの前に京介という青年が現れ、自分が響鬼だと名乗る。ソウゴらはライドウォッチを手に入れるため京介に協力を依頼するがー!?

 

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
桐矢京介(きりや・きょうすけ):中村優一 仮面ライダー轟鬼/トドロキ:川口真五

 

仮面ライダージオウ第33話までのネタバレ

 

今回はアギト編の後編で、全体的にアギトの世界にジオウ組の方が客演してるのではないのか!?と思えるくらいアギトの存在感が凄いエピソードになりました。

先週と同様津上翔一のその後が描かれてるのもそうであるように、同じように記憶喪失で奇妙な力を持ってしまった事に苦悩するツクヨミにアドバイスを送ったり、本編を思わせるアギトの力を奪われながらもG3で加勢しに行ったり、本名の沢木哲也の名前が出たりと、記憶もあり、ライダーへの変身能力もあったりで正に今回の翔一の描写はファンが最も観たかったレジェンドライダーの姿だったとも言えます、変身後もストーム、フレイム、更にジオウに合わせるように。

トリニティフォームまで披露するというサービスぶりで更に本編の挿入歌「BELIVE YOUSELF」まだかかる徹底ぶりに驚きました。

一方で今回のアナザーアギトはアギト本編で木野が変身していたものと差別化を意識してか最後まで契約者が変身していたかどうかすら謎でしたが、冬映画のアナザーWもそんな感じだったなっと思い出しました。

また、タイムジャッカーの時間停止は元々スウォルツが持っていたものをウールとオーラにも分け与えていた事が判り、この事でツクヨミとスウォルツは実は兄妹なのでは?という説も流れているようで、こちらも終盤に深く関わりそうな気がします。

 

仮面ライダージオウ第33話の展開

 

先週で仮面ライダーアギトのライドウォッチを手に入れて、残りのウォッチは仮面ライダー響鬼、カブト、電王、キバ、ドライブとなりましたが、次回から仮面ライダー響鬼が登場する展開に突入していくとの事で、轟と響鬼の弟子だった桐谷京介が響鬼の名前を受け継ぎ登場して、ヒビキライドウォッチを手に入れようとソウゴ達はすると思いますが、京介は師匠で本編の主人公だった響鬼の記録を抜いて最年少で鬼になった実力の持ち主で、性格はプライドが高くて、多少ワガママで嘘をつき、見栄を張ってしまう欠点がありますので(今は成長しているかもしれませんが)今までのレジェンドライダー達と違って簡単にはウォッチを渡してはくれないかも?と予想しています。

仮面ライダー響鬼本編では敵の魔化魍も、それを誕生させる童子と姫も、更に童子と姫を作った謎の男性と女性も健在のまま物語は終わっていますので、当然ソウゴ達の前に敵として登場しそうですし、タイムジャッカーのスウォルツ達もウォッチ獲得を邪魔してくるのは必死ですし、今まで以上の厳しい状況でのウォッチ獲得バトルになるだろうなと考えられて、そこへきてツクヨミの秘密が徐々に明らかになる展開も含まれ、非常に見逃せないストーリーになりそうだと個人的に予想しています。

 

仮面ライダージオウの終わりはいつ?

 

主人公ライダーの第二形態、サブライダーのパワーアップと物語も中盤に差し掛かってきている仮面ライダージオウですが、残るウォッチは5つと先週でおさらいされました。

(ネット配信のあった龍騎のウォッチは、どういう扱いになったのかは数えていないのでわかりませんが)あと5つということは1つのウォッチで2話使うとして、10週で終わってしまいます。

逆算すると、6月には終わってしまいます。

これでは、10月~9月を周期としている仮面ライダーにしては早すぎます。

かといって、ラスボス相手で3か月は長すぎます。

この隙間を埋めるために1つ方法があります。

駆け足になるのはやむをえませんが、昭和のライダーのウォッチ群を登場させる方法です。

1回の話の中で3つ4つ出していけば可能かもしれません。

今までの話の中で、回収していない伏線もあります。

タイムジャッカーの存在、白ウォズの存在、そして、一番重要なのが、最近登場していませんが、門矢司の存在。

どうも、この門矢司が一番気になります。

現在の立ち位置的には、タイムジャッカー側に近そうですが、なんだかんだで、仮面ライダー。

何かしらかの自分の目的を持って行動していると思われます。

「おのれ、ディケイド」と叫ぶあのおじさんも出てきてませんし

 

まとめ

 

3月でソウゴの秘密やゲイツとの対決、和解が一通り描かれた未来編の決着がつき、29話のブレイド編から新章に突入した感じの本作、どうやら「残りのウォッチを集めるぞ編」と呼ばれてるようでソウゴがオーマジオウと並ぶ力だけでも手にするため、当面の目的が残る平成ライダーからウォッチを貰う事に絞られる形となりましたが、3人のライダーが合体するジオウトリニティの色んな意味でのインパクトある登場は勿論、なにより驚いたのはブレイド編で剣崎一真や相川始、アギト編で津上翔一といったレジェンド達の参戦は勿論の事、序盤の「レジェンド編」と異なり、彼らはライダーの記憶が失われることなく、しかもちゃんと変身して参戦するという、ファンが今まで見たかった。

(そしてなんでレジェンド編はこのノリでやらなかったんだっと突っ込まれる羽目になった)

シチュエーションになっている事が長年の平成ライダーファンにとっては大きなプレゼントとなりました、しかもアギトとブレイドは本編の最終回のその後を思わせる展開にもなっていて、今後も残る平成ライダー達もこうした描写が大いに期待できそうです。

また、当初から準レギュラーを予定していた門矢士が客演どころかソウゴの過去にも関わっていたという重要なポジションだったことが明かされ、また仮面ライダーディエンド・海東大樹も登場してきたのでディケイド組の今後の扱いも俄然気になってきています。

 

仮面ライダージオウ33話を動画無料視聴

 

(仮面ライダージオウ)動画33話daily/pandora/4月28日無料視聴・見逃し配信(再放送) 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】
tver(ティーバー・ディーバー)ではないため

下記公式で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ33話動画無料