バラエティ

バリバラ 田代まさし 動画 7月4日/無料視聴!再放送nhk 見逃し配信

バリバラ7月4日 動画 田代まさし 無料視聴!再放送nhk 見逃し配信

 

2019年7月4日20時からEテレで『バリバラ~障害者情報バラエティー~』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

バリバラ 田代まさし 動画 7月4日
 

バリバラ 田代まさし 動画 7月4日 /番組内容

 

テーマは“薬物依存症”。相次ぐ、有名人の薬物使用による逮捕。世間から「意思が弱い」「自業自得」と批判の声が上がる一方、薬物の使用経験がある人からは「やめたくてもやめられなかった」「病気だということも分かってほしい」と理解を求める声も。そこでバリバラでは、元タレントの田代まさし氏を講師に招き、薬物依存症についての特別授業を開講!薬物をやめられずに苦しんだ、マーシー先生の実体験を赤裸々に語ってもらう。

 

バリバラ キャスト

 

田代まさし たこやきレインボーほか

 

バリバラ 田代まさし 動画 7月4日田代まさしさんの話に期待

 

次回のバリバラは、田代まさしさんが薬物依存について実体験を元に語るということなので、おもしろそうだなと思いました。

最近、芸能界でもたくさんの人たちが薬物で捕まってしまうという悲しいニュースが流れているけど、なぜ薬物に手を染めてしまうのか、どうしてやめられないのかについて興味があるので、その辺りが詳しく聞けたらいいなと期待しています。

田代まさしさんは、一度薬物で逮捕された後、もう一度逮捕されているので、薬物への依存度が高かったんだと思います。

一度逮捕されて地獄を味わっただろうに、また薬物を使用してしまうところに恐ろしさがあると思うので、どんなことが語られるのか楽しみです。

わたしたちからしてみれば、薬物に手を染めるなんて、やめられないなんて馬鹿らしいと感じるけれど、薬物乱用をしてしまう人にもそれなりに何か理由があるんじゃないかなとも思います。

実際に使った経験のある田代まさしさんだからこそ伝えられることがあると思うので、薬物の恐ろしさなどを伝えてもらって、みんなで薬物の使用を拒絶できるような内容になるといいなと感じました。

また、相次ぐ有名人の逮捕に、田代まさしさんが何を思ったのかについてもコメントが欲しいなと期待しています。

 

バリバラ 田代まさし 動画 7月4日聞いてみたいことがたくさん

 

公式サイトを見て一番最初に思ったのは、田代まさしさんがいい顔をしているということです。

前に逮捕されて連行される姿をテレビで見たとき、髪の毛の乱れと、こけた頬と生気のない顔つきに愕然としました。

クスリはここまで人を変えてしまうのか…と、過去の田代まさしさんの活躍ぶりを知っている世代だけにショックでした。

公式サイトを見ていると、ご本人だけではなくご家族の家までマスコミが押し寄せたという内容が書かれています。

この件については、実際にマスコミが押し寄せている様子をワイドショーで見ていたし、ご家族が大変辛い思いをされたことも後から知りました。

最初の逮捕当時、お子さんは確か小学生か中学生くらいで、逮捕容疑の内容からも、多感な時期だっただけに大変だったと思います。

何年かしてツイッターで、息子さんが田代さんを非難する言葉を載せていたはずで、それを見たときに田代さんはどんな思いだったのか知りたいなとも思っていました。

また、逮捕当初は芸能界仲間から暖かい言葉が寄せられていたのに、期待を裏切るような結果を何度も起こしてしまったことも、どのような思いだったのか知りたいと思っていました。

仲間の愛情に手を伸ばすよりも、薬物に手を伸ばしてしまったほど、クスリの力は怖いのだと思いました。

今回、そのあたりの気持ちの変化などが合計2回の放送から伝わってきそうな内容なので、楽しみにしています。

あのNHKが、それもEテレの枠で田代さんの登場を認めたということも興味深いです。バリバラは障碍者の方達のことを特集したテレビだと前から分かっていましたが、イメージ的に体力的や精神的、肉体的にハンディキャップなどのある方中心のような思いを抱いていました。

薬物中毒者もバリバラの担当範囲に入るのかとふと思いましたが、じっくり考えれば薬物中毒者も対象になりますよね。

個人的に、私は玉木さんが田代さんにどのように切り込んでいくのかがとっても楽しみです。

 

バリバラ 田代まさし 動画 7月4日タブー視されるテーマ

 

この番組が障がい者や生きづらいマイノリティのためのバリアフリーなバラエティと知って、決して笑いにしてはいけないものではないかと感じましたが。

これまでの放送でも一般的にはタブー視されるようなテーマを取り扱ってきたこと、またそれをNHKで長く放送されてきたことを知って大変驚きました。

これから放送される「教えてマーシー先生」も、田代まさし=薬物、逮捕というイメージが自分の中で定着していましたが、その生きづさを抱える立場でなければ発信ができないことをあえて発信するという番組の姿勢が一貫していると感じました。

ニュース等では有名人が薬物依存で逮捕されるまでが報道されて、その後どうなったのかを追うものはないように感じていましたが、この番組ではゴシップ色なく扱われ、治療の経緯を本人の口から聞くことができる貴重なものだと思います。

田代さん自身も以前感じていたような「薬物依存者への誤解」はまさに私も持っていたイメージだったので、他にもそう感じている人がいるのだとしたら番組はイメージを変えるものになるだろうし、もし今現在同じように薬物に依存している人がいれば、その人への救いの手になるのではないかと思います。

世の中では何となく分かったような顔をして触れないようにいることがマナーだと考えていることがたくさんあると感じていますが、そのようにブラックボックスにせず正しく開示することで理解が深まり、本当の意味で多様性を受け入れられる社会にすることができるのではないかと、番組の可能性を強く感じました。

 

まとめ

 

ネット社会が蔓延している世の中になって、映像コンテンツや音楽コンテンツの違法アップロードは当たり前の時代になってしまいました。

これはブロードバンドの世界的復旧によるところが大きいと思います。

今や日本全国光回線は当たり前の時代、だれでも映像を動画サイトにアップすることが出来ます。

この様な時代において、旧世代の法律のまま施行していても違法アップロードが減る事はありません。

一応近年違法アップロードに関しては法整備がされましたが、アップロードをすることで罰せられることはあっても、見ることは罰せられませんから、だれでも見てしまう事でしょう。

また、現実的には違法アップロードで処罰というのはあまり検挙数も多くなく、実際の所法律はあるけどほぼ関係ないよっていうレベルになってしまっています。

これを何とかしようとするならば、中国の様にインターネットに検閲を入れる必要があるのではないでしょうか。

しかし、自由な発信をすることが出来るはずのインターネットを検閲してしまうのは民主主義の精神に反する事です。

新たな法整備や政府の対応によって国レベルで違法アップロードを何とか防ぐような方法を考えなければこの先もずっと違法アップロードが続く事と思います。

 
バリバラ 田代まさし 動画 7月4日  【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】
tver(ティーバー・ディーバー)で、本編の無料視聴はできません

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

バリバラ 田代まさし 動画 7月4日